精子提供方法について

精子提供の方法

1.シリンジ(容器)提供

シリンジ(容器)提供はご自宅でおひとりでも簡単にできるセルフ人工授精法です。

針のない注射器(シリンジ)を使って精子を注入するだけです。

喫茶店等で待ち合わせして、容器への提供を30分程度お待ちいただきお手渡しします。

詳しい提供方法はこちら>

2.タイミング法(正常挿入)提供

タイミング法(直接精子提供)は排卵のタイミングに合わせて、自然なセックスにより精子提供を行う方法です。

男性との性交渉が苦手な場合は、射精時のみ挿入するなど最大限女性の負担がないように配慮します。

ホテルなどの用意が必要で時間も1~2時間は必要です。

詳しい提供方法はこちら>

精子提供を選ぶ理由

  • 夫婦間のセックスレスにより妊娠が見込めない
  • 無精子症(精液の中に精子がない)
  • 乏精子症(精液の中の精子の数が足りない)
  • 精子無力症(精子の運動率が悪い、元気な精子が少ない)
  • 精子死滅(精子に受精能力がない、もしくは精子が死んでいる)
  • 精子過剰症(精子の数が正常の2倍以上で、固まったりくっついたりする)
  • パートナーが性同一障害・性的少数者(LGBT)・GD、GID
  • 非配偶者間人工授精(AID)での妊娠を希望
  • 選択的シングルマザーによる精子提供希望者
  • 子供は欲しいが、結婚予定はない
  • 仕事に忙しく結婚より先に出産はしておきたい
  • 離婚して親権は夫側のためもう一人産みたい
  • 実家暮らしで両親に子育てを協力してもらえる

 

ドナー登録をする

NO IMAGE