代理母出産を望む方へ

LGBTHappy.comは妊活中や赤ちゃんを授かりたいたくさんの方々をサポートする活動をしています。特に男性同士のお付き合いやご結婚されているゲイの方、結婚された女性の体の理由があるかた、というのは母体無しではどうしても子供を授かることはできません。

なので、LGBTHappy.comを通して、女性の方にボランティア(代理母出産)をできる方を探すことができます。

妊娠が望めないが、「どうしても赤ちゃんが欲しい!」という方にとって代理母出産を望むというのは選択肢のひとつとしては最適だと思います。

代理母出産を活用して子供を授かる方々は毎年世界規模で増えており、海外では既に一般的と言ってもよいくらい当たり前のこととなってきています。そして今後はさらに増え続けるでしょう。

とはいえ、海外での提供は費用が高額ですし、国内では代理母出産のハードルは非常に高く、ご自身で活動する以外に道がないのが現実となっております。

代理母出産提供自体に様々な議論があることは承知していますが、実際にあきらめていた赤ちゃんを授かり本当に幸せな人生を歩まれている方やご夫婦が多くいらっしゃることもまた事実です。

妊活や不妊治療に悩む女性を少しでもサポートし幸せな未来を実現するためにLGBTHappy.comでは健康で妊娠するに十分なボランティアの方を提供します。

 

代理母出産という選択

 

女性不妊やトランスジェンダーや性同一性障害のご夫婦・カップル様に関しては、代理母出産によって子供を授かることが選びうる選択肢の中でも養子などに選択しやすい方法です。

また、世界的にもLGBTの方の結婚を認めようと動きもあり、今では多少珍しい代理母出産であっても今後はごく普通のことになりうるでしょう。

そんな子供を欲しいと思われる方へ、手助けができればなと思いこのサイトを運営しています。

 

代理母出産を依頼するには?Step 1

LGBTHappy.comでは原則、代理母出産活動費として女性提供ボランティアへ400万円程度(分割払い)の謝礼をお支払いいただくことを前提としています。

もちろん、相互のお話合いや代理母出産の活動方針に沿って自由に活動いただいてますので、無償提供の方もいらっしゃいますし、謝礼条件も個別にご確認いただければ結構です。

なぜボランティアの方へ謝礼を渡すか?といいますと。

  1. あなたの心理負担をなくす(無償だと複数回提供いただくと申し訳なくなる)
  2. 代理母の母としての権利を一切放棄することを前提とする
  3. サプリメントや栄養剤を購入するための資金

などなどが主な理由です。

 

代理母出産を依頼するには? Step 2

 

次に、当サイトで条件に近い提供者へコンタクトして代理母出産への打診をしてください。

メールで返信あれば、まずはメールで何度か連絡を取り合い、信頼できる人か?自身の条件に合っているか?などを確認したのち、必ず事前面談を行ってください。

最近ではコロナウィルスもあるので、Webで仕事の面接のようになってしまうかもしれませんが、しっかりと相手を見定めるという点に関しましては非常にいい選択肢だと思います。

面談時に排卵日のタイミングと合わせて提供まで進まれても結構ですし、お話だけして後日提供を受けるかどうか回答しても結構です。

面談をしたからと言って必ず提供を受けなくてはいけないわけではありませんから、納得いく提供者に出会うまで面談を行ってください。

NO IMAGE