精子提供を望む方へ

LGBTHappy.comは妊活中や赤ちゃんを授かりたいたくさんの方々をサポートする活動をしています。特に男性側・旦那・パートナーの身体的な理由により現実的に子供を授かるのが難しい女性や様々な理由を持っている方へ精子提供活動を通して赤ちゃんが授かる機会をご提供する男性ボランティアをご自身で探してマッチングができます。

男性不妊(無精子症・乏精子症、精子無力症など)により妊娠が望めないが、「どうしても赤ちゃんが欲しい!」という方にとって精子提供を受けるというのは選択肢のひとつとしては最適だと思います。

精子バンクや精子提供を活用して妊娠する女性の方々は毎年世界規模で増えており、海外では既に一般的と言ってもよいくらい当たり前のこととなってきています。そして今後はさらに増え続けるでしょう。

とはいえ、海外での提供は費用が高額ですし、国内医療機関では第三者からの精子提供はハードルが高く、ご自身で活動する以外に道がないのが現実となっております。

精子提供自体に様々な議論があることは承知していますが、実際にあきらめていた赤ちゃんを授かり本当に幸せな人生を歩まれている女性やご夫婦が多くいらっしゃることもまた事実です。

妊活や不妊治療に悩む女性を少しでもサポートし幸せな未来を実現するためにLGBTHappy.comでは健康で妊娠するに十分な精子を提供します。

 

精子提供という選択

 

男性不妊やトランスジェンダーや性同一性障害のご夫婦・カップル様に関しては、精子提供によって子供を授かることが選びうる選択肢の中でも養子などに選択しやすい方法です。

また、選択的シングルマザーとして社会的経済的に自立した情勢が結婚することなく子供を産み育てる選択をされる女性も多くいらっしゃいます。

あるいは、妊娠適齢期を前にして、結婚はゆっくりパートナーを選ぶにしても子供は産めるうちに産んでおきたいと考えて、精子提供を受けられる女性も多いです。

昨今は離婚率も高くシングルマザーや晩婚化も手伝って社会的な許容も広いため、精子提供による妊娠出産を選ばれる女性からのご依頼にお答えしています・。

 

精子提供を依頼するには?Step 1

LGBTHappy.comでは原則、精子提供活動費として男性提供ボランティアへ1万円程度の謝礼をお支払いいただくことを前提としています。

もちろん、相互のお話合いや男性提供者の活動方針に沿って自由に活動いただいてますので、無償提供の方もいらっしゃいますし、謝礼条件も個別にご確認いただければ結構です。

なぜボランティアの方へ謝礼を渡すか?といいますと。

  1. あなたの心理負担をなくす(無償だと複数回提供いただくと申し訳なくなる)
  2. 男性の権利を一切放棄することを前提とする
  3. サプリメントや栄養剤を購入するための資金

などなどが主な理由です。

 

精子提供を依頼するには? Step 2

次に、当サイトで条件に近い提供者へコンタクトして精子提供への打診をしてください。

メールで返信あれば、まずはメールで何度か連絡を取り合い、信頼できる人か?自身の条件に合っているか?などを確認したのち、必ず事前面談を行ってください。

最近ではコロナウィルスもあるので、Webで仕事の面接のようになってしまうかもしれませんが、しっかりと相手を見定めるという点に関しましては非常にいい選択肢だと思います。

面談時に排卵日のタイミングと合わせて提供まで進まれても結構ですし、お話だけして後日提供を受けるかどうか回答しても結構です。

面談をしたからと言って必ず提供を受けなくてはいけないわけではありませんから、納得いく提供者に出会うまで面談を行ってください。

 

ドナー登録をする

NO IMAGE